閉め出し!!

今朝、部屋に午前3時に入れた。
ここを紹介してくれたYっちが방의 열쇠を部屋に置いたまま鍵かけてしまって、管理人さんに連絡して開けてもらったという苦い経験を聞いたばかりなのにいきなりやっちいました。
夜中にそろそろ寝ようと部屋を出て洗面所に行ったのですが、トイレがこのフロアーの外にあるので用心のため鍵をかけ。。。戻ってきて、鍵穴に鍵を近づけやっと気づいたのです。
私が今持ってる鍵が部屋の鍵でなく、スーツケースの鍵だと。。。。
すでに夜中の1時です。




今日はYっちは泊まりでおでかけ。しょうがないのでまだ起きてるみたい隣人の部屋を申し訳なさげにノックする。ガサガサと音がして、ドアが開いた。
部屋の前にはいつも茶色のチェックのスリッパがきちんと置かれているので私はてっきり女の子が出てくると思っていたのだか、男の子だった。コリョの学生であろう20才くらいの彼は優しそうだ。
私は、部屋の鍵を置いたまま閉めてしまったことを告げ、管理人さんに電話してほしいと頼んだ。彼が携帯を渡してくれたが電話番号がわからないので代わりにかけてもらった。まずは、事務所、そして管理人さんの携帯。しかし、相手はでない。
お先真っ暗だーと思った瞬間、折り返しのコール。彼が管理人さんだと私に携帯を渡そうとしたが、片言の韓国語な上、電話で説明するのも骨が折れるので彼に替りに要件を伝えてもらう。
管理人さんからでいまから1時間くらいかかるがいいかと言われ、大丈夫だと告げる。
ほかに選択はない。。。
彼にお礼をいい、廊下にしゃがんで管理人さんを待つ。
韓国人の1時間はきっと倍の2時間ぐらいだろうと覚悟する。
そのうちうたたねしていたのだが、さすがに廊下は肌寒くなってきた。あとどれくらいだろう。風邪が悪化したらまずいなーと思って、立ちあがり、昨日寝た部屋が開いているいることに気づく。
やっぱり中はちょっと暑い。冷えた体にはちょうどいいが、やはり部屋を移ってよかったと思っているうちに管理人さんが現れた。
昼間、部屋を替えてくれた人だ。12時間後また迷惑をかけてしまった。
ダウンを着てやってきた彼から冷気が漂っている。外は冷え込んでいるのがよくわかった。
申し訳なく誤ると、2階の事務室に鍵を取りに行きましょう、と。
相手の顔色をうかがったが、怒った様子はなく日本のことについて聞いてきた。
そして、隣の部屋のYっちのドアに私がメモを貼っておいたんだけど、それを不思議そうに見て『これは日本語?』と初めて見るかのように聞いてきた。
ここは友達の部屋で私の部屋は隣といってもまだメモを見てる。
これは、私が彼女に書いたメモだと告げると、僕もいつかそのうち日本語を勉強したいなーと言って面白そうに眺めてる。
怒ってないのはありがたいがこんな夜中に呼び出されたわりには結構呑気な人だなーと自分を棚に上げ思ってしまった。

今日はどこにも出かけずおとなしく部屋にいました。
まだ、咳がでるので。。。薬局で買ってもらった5回分の薬が終わるまではおとなしくして風邪を治して新年を迎えたいと思います。
[PR]

by yuna91m | 2008-12-29 22:43 | 語学堂日記2009'